MENU

炭酸シャンプーを自分で作るには?作る方法をご紹介。

炭酸シャンプー,作り方
炭酸シャンプーで洗うことで、二酸化炭素の影響で頭皮の血流が改善されて頭皮から老廃物が流れていき、栄養素などがいきわたります。また毛穴に詰まった汚れなどを奇麗に取り除ける洗浄力も魅力です。炭酸シャンプーは自分で作ることができますので、ご紹介していきます。

 

 

 

 

炭酸シャンプーの作り方

炭酸シャンプー,作り方
炭酸シャンプーは簡単に作ることができます。炭酸シャンプーの必要な材料をご紹介します普段から使っているシャンプーと香料などが入っていない炭酸水です。炭酸水はスーパーなどで販売されているものを使用しましょう。飲み切れず余ったもの使用するのもいいですが、原材料は「水 炭酸」「水 二酸化炭素」などとなっているものを選びましょう。糖分が入っているものは髪がべたべたになってしまいますので、間違えないようにしてください。

 

炭酸水を買うのもいいですし、自宅で炭酸水を作る方法もあります。ペットボトルに炭酸水を50ml入れ、そこに普段から使っているシャンプーを2~3プッシュ入れましょう。炭酸水とシャンプーを良く混ざるようにペットボトルを振ってください。混ぜるときに使うペットボトルは必ず炭酸飲料用のものを使用しましょう。いろはすなどのペットボトルは炭酸の圧力に耐えられませんので、炭酸水が入っていたペットボトルを使用すると、いいでしょう。お茶やお水用のものは炭酸の圧力に耐えられない場合がありますので、ご注意ください。

 

炭酸シャンプーのやり方

炭酸シャンプー,作り方
炭酸シャンプーをするときには、手作りの炭酸シャンプーと常温の炭酸水500ml~適量を準備しましょう。

 

@お風呂に入る前に髪をブラッシング

 

お風呂に入る前には髪の毛をブラッシングしてほこりやゴミを落としておきましょう。ブラッシングすると髪の毛の絡まりなどが奇麗に取れますのでシャンプーがしやすくなりますし、髪の絡まりによって髪が傷むのを防ぐために、炭酸シャンプーの前にはしっかりとブラッシングを行うといいでしょう。

 

Aシャンプー前の予洗いに炭酸水を使う

 

シャンプーの前にまずはお湯でほこりなどを洗い流すといいでしょう。その後、炭酸水で予洗いすると頭皮の汚れが8割落ちます。めんどくさい手順になりますが、しっかり行うことで頭皮の汚れが奇麗に落ちます。予洗いでは、ショートからボブ程度であれば、500mlあれば十分です。ロングヘアであれば、1L以上の準備があるといいでしょう。

 

ペットボトルは500mlのものを使用すると重たすぎずに使用することができます。乾いた状態の頭皮に炭酸水がなじんでいくように浸みこませていきましょう。炭酸水は頭皮に接するようにしてかけていってください。ペットボトルを髪の根元に当てて、少しずつ頭皮から髪の毛にかけて炭酸水で流していきましょう。髪の毛全体を炭酸水で濡らしたら、指の腹で頭皮全体を軽くマッサージすると、汚れが浮き上がってきますので、一度、シャワーで洗い流しましょう。

 

その後に、炭酸シャンプーで髪を洗います。頭皮もしっかりマッサージしましょう。すすぎ洗いをするときには、シャンプーが残らないようにしっかり洗い流しましょう。冬場に使用するときには、炭酸水は常温に戻しておくと冷たくないのでヒヤッとしないでしょう。

 

まとめ

炭酸シャンプー,作り方

炭酸シャンプーの作り方と炭酸シャンプーのやり方についてご紹介しました。炭酸シャンプーは自分でも簡単に作れますので、アミノ酸入りのノンシリコンシャンプーなどを使用して作るのもいいでしょう。先に髪を炭酸水で洗い流すことで、汚れが浮き上がってきて効率的に髪の毛を洗うことができますので、お試しください。ペットボトルは炭酸水の入っていた硬めのものを使用することをお勧めします。炭酸水の内圧に耐えられるものにしてください。

 

炭酸シャンプートップページ