MENU

炭酸シャンプーの効果とは?

炭酸シャンプー,効果,炭酸濃度
炭酸シャンプーとは「炭酸」と「シャンプー」を合わせたものです。毛穴に詰まった落ちにくい汚れも炭酸の力ですっきりと落とせるということで人気のシャンプーとなっています。最近では美容院のヘッドスパメニューでも目にすることができます。週に1回のスペシャルケアとして炭酸シャンプーでケアを行いませんか?

 

 

 

 

頭皮トラブルには効果的な炭酸シャンプー

炭酸シャンプー,効果,炭酸濃度
頭皮の匂いが気になったり、しょっちゅう頭がかゆくなったり、気づくとフケが出ている場合などの頭皮トラブルには血行不良やターンオーバーの異常などの様々な理由が考えられます。一番の肌トラブルの原因は、「乾燥」と「頭皮の毛穴つまり」になります。洗浄力の強い市販のシャンプーを使っていると、必要以上に強い力で皮脂を除去してしまうので、洗髪後に髪がパサつく可能性があります。

 

体の他の部分にも言えることですが、いちじるしく乾燥した頭皮ではかゆみも出やすく、さらには乾燥を防ぐために皮脂の分泌も可能になることがあり、臭いやべたつきの原因となっていきます。頭皮の皮脂もシャンプーだけではなかなか落としきれないので、毛穴の中には汚れが詰まったままで過ごすことになります。そこで、頭皮の血流を改善したり、乾燥を防いだり、頭皮の汚れを落とす炭酸シャンプーが効果を発揮します。

 

 

炭酸シャンプーの効果

炭酸シャンプー,効果,炭酸濃度

@頭皮の血行が促進される

 

炭酸が頭から吸収されると、血行を促進してくれるので頭皮の血流が良くなります。炭酸が毛細血管に吸収されると、血液の二酸化炭素濃度が濃くなります。すると体は「酸素が足りない」と勘違いすることにより、その部分に新鮮な血液を送ろうと、血管を拡張して血液量を増加させます、この効果により血行が促進されます。

 

A頭皮の汚れを落とす

 

炭酸に含まれる二酸化炭素には皮脂を溶かす効果があります。シャンプーの成分だけでは落としきれなかった毛穴のつまった皮脂や古くなった頭皮の角質といったたんぱく質汚れを浮かせて洗い流して、頭皮を清潔にたもつことができます。髪がべたつくのは皮脂がきちんと落ちていない場合もありますので、炭酸シャンプーできちんと汚れを落とせるといいでしょう。

 

B抜け毛の予防

炭酸シャンプー,効果,炭酸濃度
頭皮の血行が促進されると、老廃物が血流によって運び出されます。また、髪に必要な酸素や栄養素が毛母細胞に届けられやすくなるので、抜け毛や切れ毛を予防することや、育毛促進につながります。頭皮に栄養分がいきわたると、ツヤやコシのあるすこやかな髪が育成されていきます。毛が生えてくる育毛効果があるものではありませんが、頭皮環境が改善することで、毛が抜けにくくなったり、育毛環境が良くなるという可能性はあります。

 

 

炭酸濃度(ppm)にも気を付けてみよう

炭酸シャンプー,効果,炭酸濃度
炭酸シャンプーを選ぶときには濃度を気にしてみましょう。頭皮の汚れを落とすための炭酸濃度は高いほど有効性が期待できます。美容室で行うヘッドスパの濃度は1,000ppm前後なので、最低でも1,000ppm以上を基準としてできるだけ、数値の高いものを選ぶようにしてみましょう。

 

 

まとめ

炭酸シャンプー,効果,炭酸濃度

炭酸シャンプーの効果についてご紹介していきました。二酸化炭素の力で血流を良くして、老廃物を流し、栄養分やミネラル分を頭皮にしっかり運ぶことで健やかな頭皮が保たれて、健やかな髪が育つ環境に整っていきます。抜け毛が気になる場合には、シャンプーを炭酸シャンプーに替えてみるのもいいでしょう。自宅でも手軽にヘッドスパをする感覚で、週に1回は炭酸シャンプーで髪を洗うのもいいでしょう。シャンプーを選ぶときには、ノンシリコンのものを選ぶといいでしょう。シリコンが髪を傷つけることもありますし、洗いのこしが毛穴に詰まる場合もありますので、ノンシリコンをお勧めします。

 

炭酸シャンプートップページ